2018年1月15日月曜日

昭和レトロ 1970年代 ナショナル自転車

実家の小屋の片隅で 見つけた 小さめの自転車の影 お話を聞いたら 亡くなった御祖父さんの 最後の自転車 ナショナル自転車で 24インチ 5段変速 錆落とししてきれいにすれば 懐かしい昭和レトロ 1970年代 頂いて帰り、寒い小屋で背中に使い捨てカイロ貼って 掃除 自転車店で、タイヤ交換とワイヤー交換などので 乗れるやん
例によって ご近所ポタリング 24インチという お気に入りサイスが 増えました。
自転車やの近くのラーメン屋 も なんとなく昭和レトロで ここにきめました。
自転車屋さんで、お節介なおじさん(Giant修理中)との会話
直す位なら 新しいの買ったほうが イイよ。
イラ! 節約してると思ってるのか? このレガシー わからないんでしょね。

就業規則で 6連休

インフルエンザ 熱がそれほど出ませんが、家族から ちゃんといただきました。ただのはやり物 は、頂く癖です。おかげさまで 新年早々 6日間の出勤停止 に従うことにしました。3日間は、隔離部屋で 風呂にも行かず 20度にエアコンをかけた部屋で寝て暮らしました。ショートステイに送り出した後は、いっぱいTVを見ました。
記憶の途切れたドラマ I'm Home 凄く見入りました。
違う本 読み始めました。 今回の休みで 生き方について 学びがふえました。世の流れに 抵抗しない 引っかかる分 無駄なエネルギー の消費につながること。
図書館で好きな分野が、傾倒している領域がわかりました。
インフルエンザも終わったので、長期休暇の最後の1日を過ごすために 戻ってきた隠居の朝は、2℃ 天気予報の外気温は、-1℃ その差3℃ だったんですね。
天気良好で レトロなナショナルの自転車を治しに 持っていこうと思います。

2018年1月8日月曜日

六十歳から生き方を見つめ直す

今日は成人式 天気は朝から雨、百歳になっても 読み終わりました。
LIFE SHIFT 図書館が 購入してくれた様です。

2018年1月7日日曜日

インフルエンザ

 午前中に、初テニス 楽しかったです。 時間と日常から解放された2時間 いい汗 かきました。夕方から ショートステイ先から帰宅の被介護者 発熱 休日診療受診したら、すぐに インフルエンザ 確定 タミフル 処方 帰宅後 薬を飲ませるのに、二人がかりで 四苦八苦 なんとか 済まして おやすみなさい。ほかの家族が うつらんように しなくてはね。

医療 と 介護

親戚で お昼をご馳走になり、リハビリ病院へ 初めてリハビリ室での状態を見せていただきました。マンツーマン指導で 安心出来ました。
帰宅後、ショートステイ先からの連絡で、緊急診療依頼の連絡が入り、迎えに行って 市立病院で診察 咳がひどく 弱り気味なので お薬と点滴 火曜日の再診 まで 自宅で看病することにしました 帰宅10時 バタバタして もう日付 が変わりました。
今年は、昨年に輪をかけて バタバタが続きます 事故やけがの無いように 落ち着いて行動に心掛けなければと思います。

2018年1月6日土曜日

お葬式 隠居暮らし

 今日は小雨の土曜日 ショートステイ先では、インフルエンザが出たと連絡が入り、葬式でお世話に行けなかった病院に 午後から行く予定です。今週の4日からの仕事初めでしたが、親類のおっさんが92歳で亡くなられましたので、午前中だけ仕事にむかい、お通夜と翌日の葬式のお手伝いをしてきました。さて、獣対策をを兼ねての隠居暮らしですが、毎日 この部屋で暮らすには、狭すぎるのと、この時期は 寒すぎますから、休日だけの隠居暮らしを楽しむこととしました。
1月の早朝部屋の温度は、ストーブを点けないと 5℃ これからもっと下がるでしょう。
40年ほど前に 信州の上田で下宿していた思い出に 冬には 炬燵の上のコップの水が凍つていたのを忘れられません 外と同じように寒い部屋に感動しました。部屋のなかが、零下になる暮らしでは、スキーに行った雪深い戸隠や戸狩の民宿などでは、炬燵に足を入れて、布団で寝たのを 覚えています。
この部屋の冬対策として、暖房の石油ストーブのほかに、炬燵を出してこようと 思います。

2018年1月3日水曜日

正月

毎年恒例の行事ですが 年末の夜と年始の朝に、入院中の家族を除き、みんなで一緒に家の仏壇にお参りし読経しました。

2日目、ショートステイ先は、雪化粧 送っていきました。

3日目 隠居での 広い窓からの眺めは、外は雪が舞い 掃除の片付けやら 雑用しながら ブログ記事 書いてます。ストーブを点けても 室温がそれほど上がらないので、PCは、オーバーヒートしません。明日から もう仕事です。移築60年以上の古民家の隠居で寝起きをして分かったのですが、風の強い日は、コトコトとあちこちから、建具のぶつかる音が聞こえます。