2013年5月12日日曜日

裏庭の畑では

昨日までの雨も上がりいい手気になりました。裏庭の昨日収穫した、アスパラガスは、こんな感じで、毎年出ていて、嬉しい限りです。
他にも、昔からある ふきが、いっぱい 自然にはえています。

1 件のコメント:

ABS Joan さんのコメント...

ホウレン草の発芽
ホウレンソウは、種に発芽抑制物質が含まれているので、一晩流水(または水)に浸けると良いことはよく知られています。

問題はその後です、サカタのタネによると、『発芽の適温は15~20℃であり、10~5℃くらいの低温でも発芽可能ですが、日数を要します。30℃以上では発芽不良となります(※25℃以上で発芽不良という情報が多かったです)。夏まき、冬まきは催芽まきがよいです。夏期は種消毒後、流水で水洗いをかねて数時間吸水させ、ぬれムシロなどに挟んで冷所に置きます。冬期は25℃の微温湯で数時間時々かき混ぜながら吸水させた後、乾かないようにしてフレームで保温し、催芽します。芽を出しすぎないよう10%ぐらい発芽したらまきます。
催芽種子はまき溝に充分灌水してまくか、降雨をまってまきます。』とあります。
一方、タキイガーデンスタイルでは、一昼夜水に浸したあと、冷蔵庫で保存。2~5日後、1mmほど芽が出たらまくとあります。
水に浸した後で種を乾かしてから播くという説もありました。

考えるべき点は次のとおりと思います。
①水の温度、水の取り替え頻度及び方法(流水含む)
・発芽抑制物質の洗い流しに効果的か
・吸水時間及び吸水中の温度は発芽に効果的か
②吸水後の処理
・保存中の温度及び湿度は発芽に効果的か

息抜き 介護で大事なこと

介護で大事なことを知りました。それは息抜きです。どこかにも書いていました。 先週と今週 2時間テニスができて とっても幸せ。 そういう時間がないと 行き詰まって ひろうをひきづって、時間が流れます。 介護をしなくてもいい日を 作ることが大事で、自宅介護の場合は今回のよう...