2013年9月12日木曜日

テニス エルボー

 原因:ドライビング ボレーを練習始めたからかな。
昨日は、ついに サーブで 痛みが 出てきました。
さっそく、サポータ-を買ってきました。

 REGUARDマークが自分から見て逆さまに見えるように腕を通します。衝撃を感じる部分にポイント指示部を合わせます。
※筋肉が最も盛り上がっている部分にインナーパッドが当たるようになります。肘の内側に衝撃を感じる場合はREGUARDマークが自分から見て正面に見えるように腕を通してください。

すでに症状を発症してしまっている場合

 もしあなたが今現在、すでにテニス肘症状を発症してしまっている場合。
 このような場合は、まず何よりも「絶対安静」が大原則です。
 テニス肘は、オーバーユース系障害、いわゆる使いすぎ症候群とも呼ばれる障害ですから、まずは負担を与えていた部位を休ませてあげること。
 我々人は、誰もが自然治癒力という能力がある為、安静に保つだけでも患部は徐々に改善に向かいます。
 アイシング療法や薬物療法は、この自然治癒力を活性化させたり、痛みが激しい場合に一時的に痛みを緩和するサポートでしかありません。
 また、この機会に「テニス肘を発症してしまった原因」についても見つめなおしてみましょう。
 テニス肘は、再発性が極端に高い障害です。
 一度発症すると、数年後、もしくは数ヵ月後に再発してしまうことも多い障害なのです。
 ですから、もしフォームが悪いのあれば、正しいフォームの習得に集中する。
 筋力や柔軟性が弱いことが要因と検討される場合は、テニスで使用する部位の筋肉強化やリスト(手首)の筋力強化からリハビリを開始した方がよいかもしれません。

0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...