2014年1月5日日曜日

畑の作り方

畑は「空気で育てる」です。土壌団粒化の主役は、酸素呼吸をしている糸状菌(菌類=祖先は動物と共通)。転換が思うように進まない原因の第一は酸欠と、それによる腐敗。高畝、排水溝、暗渠、風穴、ポンプ排水など、何が何でも水を抜き、空気を入れることです。

転換初期で排水不良なら、雨水を速やかに排除するため、畝は等高線にせず、土が流れない程度に縦方向に傾けます。更に、できる限り高く狭く、畝数を増やし、表面積が増えるようにします。

0 件のコメント:

キャベツ 定植

昨夜に24時間スーパーで、キャベツとレタスの苗を買って、午前中に植えるつもりが、あいにくの雨 それでは、カッパ着て 鶏糞を入れて、定植、もみ殻を撒いて終わり。  雨足が弱まった午後のひと時に、ネットをかけて、防虫対策 モンシロチョウに卵産みつけられないように、無農薬有機栽...