2014年8月31日日曜日

パーマカルチャー

3つの倫理

パーマカルチャーの初期の文献では、以下に掲げるデザイン原理同様、倫理(道徳的な訓戒、原理)についても明記されていなかった。世界各地での教育や実践を経て、パーマカルチャーは次の三つの倫理に基づくと理解されるようになった。これらの倫理は宗教や共同体の倫理に関する研究から抽出されたとされる。 [3]
  • 地球に配慮する(Care for the earth) - 全ての生命システムが持続し繁栄できる状態を維持する。人間は地球の健康なしに繁栄できないのであり、これが最も基本の倫理である。
  • 人びとに配慮するCare for the people) - 人々が存続するために必要な資源を供給する。
  • 余剰は分かち合い、消費と再生産には限度を設けよSet limits to consumption and reproduction, and redistribute surplus)- 健康な自然システムは、それぞれ生存に必要な要素を互いに供給しあっている。人類も同様のことができる。我々が各々らに必要なものを供給しあうことで、我々は上記の方針に必要な資源を確保する事ができる。
  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC
  • http://percul-k.jimdo.com/
  • http://www.pccj.net/
  • http://percultube.jimdo.com/

0 件のコメント:

草刈り Before & After

 昨日草刈り前に撮影 電信柱の向こうまで草刈りしなくては 草刈り機の不調で 遅くまで手間取り 今朝 仕上がり を撮影 反対側が、先週 草刈りした後 向こうの3本目まで 一度に 両方刈るのは大変なので 2週間に分けて 草刈りしました。来週は、琵琶湖の日で メインの集...