2015年4月21日火曜日

茶摘みしよう

茶摘みは、夏もちかずく八十八夜なので、5月2日明けらしい。裏庭の茶の木を手入れして、今年から茶摘みをしようと思う。
それで、今日は雨上がりの後なので、弦が絡まり、雑木が混じっている込垣の蔓とり 巻き付いて枯れている枝もある。ずいぶん放置したままなので、今年から、日当たりを良くしてやろうと思う。ただし 下に書いてあるような肥料は足さない。

お茶の木は水はけの悪い場所は生育が悪くなるので、排水の良い場所を選びましょう。
いつもジメジメしている所は、1~2年はうまく生育しますが、その後はうまく育たないことが考えられます。

お茶の木は、大きく成長すると、根の深さが1メートル位にまで届きます。お茶の木は水はけの良い、酸性土壌を好むので山砂など排水の良い土を主体にピートモスや完熟した牛糞堆肥を混合した土が適しています。

0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...