2015年4月22日水曜日

山椒の木

幹が太かった山椒の木が枯れてから 何年たつだろう もう忘れたが、今日は、帰ってから、茶の木の下草刈りをして風通しを良くしてげようと、蔓を切りながら奮闘した。そしたら、また、山椒の木が育っている。植物は、適した場所で自然と歳月を重ねて 伸びている。何処にでも生えるわけではない。山椒は、裏庭の少し日影気味な処で、茶の木のそばが好みの様だ。
茶の木は、蔓や他の雑木 ナッテンなどで部分的に負け始めているところがあるので 風通しと下草刈りの手助け 今なら まだ間に合いそうだ。

0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...