2015年6月16日火曜日

野良まわり と ポタリング

 雨の気配もあり、水やりも不要 裏庭には蚊が出てきたので長居は無用 野良まわりをしても 耕作や水やりも不要 チャリで、3km何処までになるか行ってみた。



それもすぐ到着 夕食までの暇つぶし 帰ろう。

金銭に頼らない ラファエルの世界

http://midori1kwh.de/2013/04/07/3473

メキシコ・カンクンで行われた「温暖化防止カンクン会議」には間に合ったものの、ラファエルさんは矛盾を感じました。マングローブ林だった地域は開発され、その一角に建つ完全冷房のビルの中で気候問題について討論する参加者をみて、「政治にうんざり」したそうです。

「自分が好きなものを、だれかに喜んで贈る人がこの世界にはいます。もしお金があれば、これをしたい、あれをしたい、でもお金がないから実現できないと良く聞きます。我々は初めからお金に頼りすぎて、もしかして他に実現する方法があると、考えようともしません」。

なぜヴィーガン、酪農製品も食べないベジタリアンなのか?
精肉および酪農業から出る温室効果ガスは全体の50%以上を占める。
なぜ車を持たないのか?
自家用車一台を生産する際、必要なエネルギー量は4人家族が15~20年間消費するエネルギー量に相当する。
なぜ生ゴミコンテナから食品を集めるのか?
地球の人口は約70億人。7人のうち1人は食品不足で苦しんでいる。それと同時に世界中で年間13億トンの食品が捨てられている。それは全生産量の約3分の1。ドイツでは年間1100万トンの食品ロスがある。トラックに積むとすれば、その列の長さは4000kmになる。金額に直すと約220億ユーロ。
この無駄を削減すべきだと考え、ラファエルさんは閉店後スーパーを回り、生ゴミコンテナからまだ食べられる食品を“救い出す“ことにしました。



0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...