2015年9月7日月曜日

通院+介護

これは自分のことです。木曜日の夜間診療から、昨夜は、薬切れの上に膿がたまって腫れがひどくなり、今朝通院してきました。右手中指が使えないだけで、畑やテニス、箸も使えず チャリも乗りにくく ばい菌を避けているので介護もほとんどしていません。まったく不便極まりないです。特に 顔を洗うは、猫のように左手で撫でまわすだけ 健常であることが普通ではない年にさしかかってきました。
今日診察で、膿だし 抗生物質を変えていただき、また木曜日の通院となりました。9時からの予約制の診察に、受付のカードエントリーは、8時前から 30分ほど、椅子に並んで18番目の順番待ち 帰るころには、駐車場は、満車 過疎化が進む田舎でも 行列が出来るのは、病院ぐらいすね。
窓を開けて空気の入れ替えですが、これ何だか御存じですか?軒に置いておいたのですが、またもや3度目です 雨に濡れるとか云って、部屋に持ち込んでおりました。目につくところに置いておく方が、介護下手なのでしょう、小屋まで移動して目のつかないようにしました。これはイジコと云って昔は米の収穫に移動容器として、今は、葉刈りの落ち葉の集積に使って軒に置いておりました。藁で編んだ丈夫な籠です。右手が不自由でも 何とかしておきましょう。

0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...