2016年2月4日木曜日

接骨院

昨年の週3テニスから、今年は、週3接骨院に通い始めて、1か月が過ぎました。少しは良くなりましたが、指先の力が不足しています。
たとえば、字が書きにくい、印鑑を押すのに、ちゃんと綺麗に押せない。気がつけば今までの普通は、神が与えてくれた自由で、無くなると始めて分かることで、不自由さが身にしみます。歳を重ねるということは、この不自由さとも仲良くお付き合いしていかなければなりません。
そのうえ、今週は、のどが痛く風邪気味で、医院の梯子も、テニスの梯子と同じで、やっていることは変わりません。”猿も木から落ちる”にならないように、慎重に用心第一です。
スターウォーズを観てから、もう今週は、中島みゆきですね。東京や大阪でもチケットすら取れないと言う人気なので、映画館で鑑賞するには、お手頃価格で嬉しいです。 ま私の場合は、万円もするチケットを買えるほどのファンでもないので この企画は、庶民の味方 地上のゴミの味方です。
ブログネタも、接骨院のことぐらいで、ありません。治療は、首つり、と電気ビリビリ とマッサージで、うつむせになっているだけで、気持ちいいです。
お風呂では、ストレッチをしています。この手の症状は、職業病でもあるらしいです。

0 件のコメント:

切れやすい老人はなぜ増えたのか

https://news.yahoo.co.jp/byline/torusaito/20160825-00061460/ 不思議だよね、とある病院でも先日見かけて、ああはなりたくないよね と思いつつ、私も最近では、3回ほど切れている。その原因とタイプは、小心者おじさんで、イラ...